歩 み

昭和34年 3月 足立区肢体不自由児者父母の会設立
(足立区に居住する肢体不自由者の保護者による足立区手足の不自由な子供を育てる会が前身)
昭和57年 4月 東六月町に通所施設あかしあの家開所
昭和62年 1月 青井あかしあの家開所
昭和63年 4月 千住曙町に楓作業所開所、プログラマー養成事業開始
平成 6年 2月 社会福祉法人足立肢体不自由者福祉会 正式認可
初代理事長に下田巧氏就任
平成 6年 9月 足立あかしあ園開設 定員40名
(身障授産施設区内初の民間法人施設)
平成 9年 4月 足立区からショートステイ事業を受託
平成 9年12月 第2代理事長に岸本美惠子氏就任
平成10年 9月 綾瀬あかしあ園開設 定員50名
平成11年 4月 足立ソフトウエアシステムが足立あかしあ園分場として認可される
ショートステイ事業を足立あかしあ園から綾瀬あかしあ園へ移動
平成12年 4月 足立区東部障害福祉総合センター神明福祉園(定員35名)の運営を足立区から受託
平成14年 2月 足立区大谷田就労支援センター(定員20名)の運営を足立区から受託
平成14年 4月 法人名称の変更「あいのわ福祉会」へ
足立区大谷田ホームの新規開設(定員5名)、運営を足立区から受託
平成15年 4月 足立区神明福祉作業所(定員35名)・足立区神明デイサービスセンター(定員20名)の運営を区から受託
足立区から受託していたショートステイ事業を身体障害者短期入所事業・児童短期入所事業(綾瀬あかしあ園)として設置経営
平成15年10月 法人設立十周年記念式典(足立区庁舎ホール)、記念誌発行、祝賀会
平成16年 8月 ケアホーム「オハナ」開設(業務委託)(定員7名)
平成17年12月 天皇・皇后両陛下が、足立あかしあ園を見学
平成18年10月 足立あかしあ園、綾瀬あかしあ園を新体系の「生活介護」施設に変更
平成19年 4月 竹の塚あかしあの杜を開設
入所施設「きずな」定員40名
生活介護「のぞみ」定員28名
短期入所「なごみ」定員 4名
居宅支援「あいのわ支援センター」
平成21年 4月 足立区から受託する指定管理3施設を新体系に変更
足立区神明福祉園 生活介護 定員40名
足立区神明福祉作業所 多機能
(生活介護 定員15名、就労継続B型 定員35名)
足立区大谷田就労支援センター 
多機能(就労移行 定員6名、就労継続B型 定員35名)
平成22年12月 あいのわ支援センター谷中開設
ケアホーム「谷中第1ハウス・第2ハウス」(定員各6名)
短期入所「ショートステイ谷中」(定員4名)
居宅支援「あいのわ支援センター谷中」
多目的支援 公益事業(入浴サービス・タイムケア 他)
平成23年 4月 足立区から受託する指定管理3施設を民営化し法人立施設に変更
(神明福祉園、神明福祉作業所、神明デイサービスセンター)
平成24年 4月 神明福祉園谷中分室開設 生活介護 定員8名
平成25年 4月 ケアホーム「綾瀬ハウス」開設
平成25年 5月 あいのわ相談センター開設
平成25年12月 法人設立20周年記念式典(シアター1010)
記念誌発行・祝賀会
平成26年 4月 第3代理事長に鈴島妙子氏就任
平成26年 5月 グループホーム「青井第1ハウス・第2ハウス」開設(定員各5名)
平成26年 8月 地域交流広場あいのわ開設
平成27年 1月 グループホーム「オハナ」閉鎖
平成27年 4月 舎人あかしあ園開設(生活介護 定員50名)
平成28年 4月 神明障がい福祉施設に就労移行支援事業移設
足立区大谷田障がい福祉施設に生活介護を併設
足立区大谷田ホームを共同生活援助に変更
平成30年 4月 第4代理事長に橋本弘氏就任

あいのわ福祉会トップページへ